私と触手珍獣彼氏~とある夏の汗汁地獄~◆四八楼

私と触手珍獣彼氏~とある夏の汗汁地獄~
私と触手珍獣彼氏~とある夏の汗汁地獄~◆四八楼
 
■ あらすじ ■
「甘い香り……? んっ… え、アレ……??」
触手から滲み出るその鼻にまとわりつく匂いは、みすずのま○こを熱く刺激した。
とある日、みすずが彼氏であるまさちかの家へ入ると、
そこには見慣れぬ大福の様な形状をした謎の生きモノがいた。
その異様なモノは汗を滲ませ、軽い深呼吸をした後にゆっくりと口を開いた。
『ご……ごめん。俺だよ、まさちか……だよ』
 そんなワケの分からぬ事を語る生きモノに戸惑うみすずだったが――――
 
 触手責めに溺れてイク女の子をご堪能下さい!!
 
■ 収録内容 ■
基本絵    : 12 枚
本編     : 97 枚
台詞無    : 90 枚
おまけ    : 5 枚
(表紙1枚 + サンプル画像3枚 + サムネイル1枚)
総枚数    : 192 枚
 
■ 画像情報 ■
2000px × 1433px 350dpi
(長辺 × 短辺)
拡張子 : jpg
 
「私と触手珍獣彼氏~とある夏の汗汁地獄~」Download
 

久々の和姦
意外に触手と和姦は相性がいい。
マイナーながら凌辱とは違うエロさがある。
 
「私と触手珍獣彼氏~とある夏の汗汁地獄~」Download

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください