魔剣物語 魔剣使いと霧の王国◆Fox33工房

魔剣物語 魔剣使いと霧の王国◆Fox33工房
 
よくある剣と魔法のファンタジー世界を舞台とした世界で、
魔剣使いという特殊能力を持つ冒険者の主人公イーリスが、
親友の魔法使いマキナと共に小さな王国『霧の国』を冒険します。

シンボルエンカウント型のHRPG作品です。
ダンジョンで敵を躱しながら宝箱や隠し扉を探し回る系。
壁を調べるとガコーンと隠し扉が出てくるアレ。

ハードかつどこか抜けた世界観。
ややシリアスな物語ですが、ノリは明るく軽め。
あなたの好みにあいますように。
 
【Hシーンについて】
シチュは多岐にわたるものの全て凌辱Hシーンです。
基本CGはシーン毎個別、差分こみだと140枚ほど。現在追加Hシーン複数製作中。
テキストは台詞より地の文の比重が高めで心理描写多めのもの。

大別して、無理矢理あへあへにされちゃうやつか、
犯され抜いてかわいそうな感じになるやつの二系統。

具体的なシーン内容としては、
・騙されて捕まり娼館で無理矢理身体を売らされる。
・仲間を助ける為、抵抗せずにねっとり犯されて雌としての快楽を教え込まれる。
・暗い洞穴で犯され続けてオークの仔を孕む。
・敵にやられて催淫状態になり、仲間に襲い掛かって猿の様にまぐわいあう。
等々。
自分から積極的にHな目に遭いに行くやつはないです。

リョナ(殴る蹴る)・グロ(大量の血や欠損)・スカトロはありません。
ただかわいそうな方では女の子の心がパッキリ折れて取り返しのつかない状況にはなります。
Hな目に遭いながら冒険を続けるというコンセプトのゲームではございません。

敗北Hシーン主体ですが、負けてHシーンになる戦闘で勝つことで回想解放アイテムが手に入りますし、
回想で展開のわかるシーン導入ですからわざと負ける必要は皆無です。

淫乱度などのエロシステムが無く、ゲームとHシーンは切り離されている様で、
負けたらどういう目に遭うの雰囲気づくりや
『ゲーム中の流れから続くエロ展開』である事はかなり意識しています。
RPG部分をやってこそHシーンが引き立つ内容になっていると思うので、
ゲームは全部スキップしてHシーンだけ回収したいという人には向かないかも。

普通にクリアするだけでだいたいのシーンは回収できるはずですが、少し気付き辛いのもいくつかあります。
正規の難度でクリアすればシーン全開放可能です。
 
【ゲームについて】
一応、ツクール2000時代の某ダンジョン探索RPG風を目指して作り始めたのですが、
作ってる内に色々混ざってだいぶごった煮です。エッセンスくらいは残ってるはず…。

所謂バッドエンドの展開をHシーンのネタで使っている為大きなストーリー分岐はありませんが、
与えられた課題(〇〇してこい!)に対して解決法が複数あるみたいな細かい分岐はそこそこあります。
選択肢はRPGとしてはかなり多め。意味のあるのも、無いのもあります。考え過ぎずに選んでください。

クリア時間は作者の通常プレイのゲーム内時間で6~8時間程。
初見プレイの方なら10時間前後になるんじゃないでしょうか。

主人公のイーリスは特定の武器を入手するとスキルを覚える力を持っていますので、探索する事が強さに繋がります。
隠しイベントはそれなりに多めなので、気になった所を調べてみると何かが起こるかもしれません。

経験値と資金が倍入る装備品が手に入る『弱』救済、
全耐性の強力な防具が手に入り、ゲームがだいぶ簡単になる『中』の救済、
ほぼ無敵になれるチート武器が手に入る『強』の救済と3段階の救済措置があります。
OPの選択肢の他、回想部屋でも追加の緩和措置を行う事が出来ます。

ただ、チート武器に限っては使ってしまうとクリア後のおまけが見れなくなります。
これは別に使った事への罰ゲームとかではなく、チート武器を使っても見れなくなるHシーンやCGはありません。
正規の難度でクリアする事へのちょっとした報酬とお考え下さい。弱と中ならゲーム的にはノーペナです。

煩わしい要素、意地悪な要素はなるべくは廃して、
道に迷ったり勝てなくてレベリングなどの進行の停滞をしにくい作りを目指しましたが、
それでもかなり歯ごたえのある難度です。
RPGに自信のある方以外は救済措置を使うのをお勧めいたします。

汚されるカラダ、折れるココロ。
快楽堕ちではなく本格凌辱の探査型エロRPG。
嫌がる姿や絶望する姿がそそります。
見ての通りエロもよいのですが、RPG部分の作り込みがかなり丁寧です。
RPGを楽しみたい人にはもってこい。
 
「魔剣物語 魔剣使いと霧の王国」Download

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください