神楽箱スペシャル◆でぼの巣製作所

神楽箱スペシャル
神楽箱スペシャル◆でぼの巣製作所
 
「でぼの巣製作所」の神楽シリーズがまとめて収録されたお得なスペシャルセットが登場!
※パッケージ版「神楽箱スペシャル」とは製品構成が異なります。
※「神楽学園記」やイベント販売物、特典などは含みません。
 
◆◇◆収録作品◆◇◆
●神楽箱
神楽道中記
神楽道中記 追加シナリオvol.1
神楽道中記 追加シナリオvol.2
神楽道中記 追加シナリオvol.3
 
●神楽箱・弐
神楽幻想譚
神楽早春賦
 
●神楽箱・参
紅神楽
紅神楽 追加シナリオ
 
◆◇◆神楽道中記◆◇◆
物語の時代は現代。
しかしながら舞台となる寂れた温泉街は数十年前の日本の姿を濃厚に留め
訪れる者にまるで時間の流れから取り残されたかのような印象すら与えます。
 
そんな片田舎の村で、住民が次々に神隠しに遭うという事件が勃発します。
しかし、警察の捜査は一向に進まず、たびたび起こる怪奇現象によってさらに被害が増すばかり。
 
事態を重く見た神社の退魔部隊は、事件解決のために3人の神職者を派遣しました。
妖怪共存派、妖怪撲滅派、そしてこの凸凹コンビの監視&調整役…。
こんな水と油のような面々が、協力体制を築けるわけがありません。
 
こんな状態で、果たして事件を解決することが出来るのでしょうか…?
 
◆◇◆神楽幻想譚 ~妖かしの姫~◆◇◆
昭和と呼ばれる時代に変わって間もない頃…。
 
深い森の中に人知れず建てられた施設では
身寄りのない少年少女達が妖怪を調伏する退魔士となるべく日々修行に励んでいました。
 
主人公、葛城誠一郎はそんな施設の教師として彼等を導いていました。
ある日、彼は所長である桜姫から『御守様』候補を巫女達の中から選抜するよう命じられます。
 
候補として白羽の矢が立った少女は二人。
果たして選ばれるのはどちらか。
 
そして、『御守様』とはいったい何なのか?
 
◆◇◆紅神楽◆◇◆
人と妖怪の繋がりが希薄になって久しい現代。
古びたバスに揺られ、退魔巫女・新堂勇は
この物語の主人公・石動大と共に岳杜神社を訪れた。
 
迎えてくれた岳杜神社の巫女、八代護と祈の姉妹によると
最近妖怪によるものと思われる事件が頻発しているらしい。
彼女等はその調査のために派遣されたのだが
そこへ近くの古城を根城とする鬼三兄妹の末妹、向日葵が現れ
石動を親殺しの罪で糾弾し始めるのだった。
 
これ一つで年越し準備万端(笑)
追加シナリオも含めて全てがフルセットになったスペシャル版!
いくら時間が合っても足りない圧倒的ボリュームです!
 
「神楽箱スペシャル」Download

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください