女戦士テオドラ ~恥辱の闘技場~◆アパタイト

女戦士テオドラ ~恥辱の闘技場~
女戦士テオドラ ~恥辱の闘技場~◆アパタイト
 
■ストーリー
「――テオドラ様……ご子息は、重体です。極めて稀な奇病でしてな、身体中が蝕まれとりますわ」
 
残酷な真実を告げる老医。
目先には、我が息子――グランツの哀れな姿。
 
「……何とか……ならないのか。こいつは私の、たったひとりの……」
 
かつて世界を救った誉れも高き女戦士“テオドラ”が息子ひとり救えないなどとは滑稽な話だ。
 
「薬は、あるにはあるんです。その薬であれば、ご子息の病は完治するでしょうが……
 調剤の為の素材を揃えるにあたって、莫大な費用が掛かります」
 
費用……金か。金さえあれば何とかなるのか。
 
そして――私は、闘技場へと導かれた。
こうして恥辱と悪意と欲望に塗れた腐れ切った闘いが始まる。
 
淫猥な言葉、嬲るような視線――それも、息子を想えば――。
 
■登場キャラクター
●テオドラ (CV:雨森りこ)
世界を救った誉れも高き女戦士。
現在は引退しているが腕は衰えていない。
一般人と結婚して一児の母となったが数年前に旦那には先立たれている。
それ以来息子“グランツ”を女手一つで育てている。
 
「女戦士テオドラ ~恥辱の闘技場~」Download
 

女戦士の淫猥なる末路
救世を成した女戦士テオドラが、一人息子のために闘技場で乱れ狂う。
某ゲーム程ではないにしろ、筋肉質な強い女が組み敷かれ乱れる姿は堕ちものとして完璧。
万人受けではないにしても、強烈に刺さるフェチが詰まった一作です!
 
「女戦士テオドラ ~恥辱の闘技場~」Download

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください