全ての雌はゴブリン専用の孕み袋として -THE END-◆卵白堂

全ての雌はゴブリン専用の孕み袋として -THE END-◆卵白堂
 
概要
 
シリーズ累計37,000部の完結作。
『初心者魔法使いはゴブリン専用の孕み袋として』
『ハーフエルフはゴブリン専用の孕み袋として』
『全ての雌はゴブリン専用の孕み袋として』の続編です。
 
設定は引き継いでいますが、ストーリー自体は独立しているので、
今作品単体でもご購入いただけます。
ただ、前作と合わせてお使い下さいますと、より一層お楽しみいただけると思います!
 
あらすじ
 
ある日、孕ませた相手の魔力や能力を子供に引き継ぐことが出来るようになったゴブリンが誕生した。
洞窟の中で魔法使いやハーフエルフたちを罠にかけながら、少しずつゴブリンは数を増やすと人間たちの国へ繰り出す。
 
あっけなく城を乗っ取ったゴブリンたちだったが、国民は各地で抵抗を続けていた。
戦いの中、人間たちの数が減ることを嫌ったゴブリンは、人間たちに負けを認めるようわかりやすい勝負を行うことに。
 
その勝負とは、一人の女性相手に人間とゴブリンの種付け合戦。
 
孕んだ子が人間の赤ちゃんなら国からゴブリンが撤退する約束。
しかしゴブリンの赤ちゃんなら負けを認め、ゴブリンに抵抗せずに投降することを飲ませた。
 
儀式の行く末は?
人間たちはゴブリンに勝つことが出来たのか?!

絶望した瞳こそ凌辱の証!
ゴブリンの孕み袋にされる美少女たちの悦楽と絶望。
プレイの激しさと美麗な少女たちのコントラストが美しいイラストの数々。
本能のままに凌辱を繰り返すゴブリンたちの習性とも呼べる行為により、異種姦の醍醐味が見事に表現されていて実に素晴らしいですね!
オススメです!
 
「全ての雌はゴブリン専用の孕み袋として -THE END-」Download

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください