賢者ラヴィニアの手記~旧オーク砦にて発掘された遺稿~◆当方丸宝堂

賢者ラヴィニアの手記~旧オーク砦にて発掘された遺稿~
賢者ラヴィニアの手記~旧オーク砦にて発掘された遺稿~◆当方丸宝堂
 
ラヴィニア・メイザースは東陰暦1303年~1524年に活躍した魔導学者であり、
その功績から”賢者”の称号を得た歴代24人のうちの一人である。
東陰暦1500年ごろより、オークの生態調査をフィールドワークとして開始。
しかし東陰暦1524年、オークの襲撃が特に多いモルドラ山地周辺の村に向かったのを
最後に足どりが途絶える。以後の資料に彼女の存在を記すものはなく長らくこの年を
彼女の没年とすることが一般的であった。
 
しかし東陰暦1927年にモルドラ山奥地にあった大規模なオーク砦遺跡が発見され、
発掘調査が始まる。8年後、砂中に埋もれていた地下牢獄にて大量の手記が見つかり、
その筆跡と内容からこれがラヴィニアが遺したものと断定される。
 
本CG集は
【オーク砦に囚われ性処理兼繁殖用の家畜に貶められたかつての賢人の生活】
を、【当人が後代に遺した手記】という体裁で描きます。
 
もともと豊満な肉体を持っていた賢人が最終的に
だらしない家畜奴隷としての肉体へと変化します。
 
本作は異種姦による妊娠・出産・食ザー(微小)・公開陵辱など
尊厳を踏みにじる要素で構成されており、
脱出・反撃や快楽堕ちや精神崩壊など希望につながる展開は一切含まれておりません。
 
作品構成は基本CG23枚+差分、計82枚(眼鏡差分、擬音差分、テキストを除く)
 
差分は擬音・台詞の有り無しの他、眼鏡差分を用意。
ただし作者としては眼鏡差分はおまけ要素扱いとなりますのでご容赦ください。
 
「賢者ラヴィニアの手記~旧オーク砦にて発掘された遺稿~」Download
 

賢人の家畜人生記
設定からして一切の救いがないバッドエンドストーリー。
素晴らしいですね。
監禁と凌辱に焦点を当てて、徹底的に描かれています。
自由も人権も尊厳もなにもない、ただただ家畜としての一生。
 
「賢者ラヴィニアの手記~旧オーク砦にて発掘された遺稿~」Download

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください